避妊薬にはどのような種類があるのか

今の時代、男性と女性の付き合い方も気軽になっており、交際をしている中で性交渉があるのは当たり前のことになっているのです。以前のように結婚をするまでは性交渉を控えるような時代ではなくなっています。ですから、すぐに性交渉をして妊娠をしてしまうということになってしまう場合もあるのです。
しかし、妊娠をしては困るという人では避妊をするように気をつけなければならないのです。特にコンドームで男性主導型の避妊をすることが多い日本ではありますが、最近では女性が自分で自分のために避妊をすることができるという避妊薬を使うようにもなっているのです。
避妊薬としては事前に計画的に妊娠をしないような体にしていく低用量のピルと事後に服用して妊娠を防ぐ緊急用の避妊薬があります。前者については、知られるようになっているのですが、女性の生理周期を28日に固定することができるので、生理不順の人でも改善することができたり、生理痛や排卵痛などを緩和させることもできるのです。低用量ピルというのは、ホルモン剤の入っている錠剤を服用することによって、体のホルモンバランスを整えることができるものです。その作用によって排卵を抑制することができるのです。ですから、卵子と精子が出会うことがないのです。
後者の中用量ピルというのは少し強いホルモン剤であって、性交渉のあとに妊娠の可能性がある場合に服用していきます。72時間以内に服用することで効果が発揮できるといわれています。ですから、早ければ早いほうがいいのです。ホルモン剤を服用することで、受精卵の着床を防ぐので、妊娠をしないという仕組みになっているのです。
これらを入手するには産婦人科などを受診して出してもらうようにするといいのです。

避妊薬を使って得られるメリットとデメリット

避妊薬を使う大きなメリットとしては、高い避妊効果があります。
正しく使えばほぼ100パーセントに近い確率で、妊娠を防ぐことができるのでとにかく妊娠は避けたいという時には非常に優秀な方法となります。
次に避妊薬はホルモンバランスを整えることができるので、生理痛を抑えることができたり、月経量を減らすことができる、生理の周期を安定させることが出来るといったメリットも有ります。
PMSの改善などにも効果があるので、避妊だけでなくこれらの治療目的に使われることもあります。
生理日をずらすことも可能なので、旅行などを計画している時にそれに被らないように生理をずらすことも出来るという利点もあります。
それでは、デメリットにはどのようなものがあるのかというと薬ですから人によって合う合わないがあるということです。
合わない人は吐き気や倦怠感が強くなってしまったり、頭痛がするといった副作用が起きることがあります。
次にお金がかかるので経済的に余裕が無い人にとっては、これも大きなデメリットとなるでしょう。
服用法をしっかり守らなければ効果がなく、飲み忘れなどをしてしまって避妊効果が無くなってしまうという危険性もあります。
正しく服用していれば、ほぼ確実に妊娠を避けることができますが避妊薬によって防ぐことが出来るのはあくまでも妊娠だけですから、性病の予防などにはつながりません。
そのため、妊娠しないからといってコンドームを着用せずに不特定多数の相手と性行為をしてしまえば、性病にかかってしまうというリスクが有ります。
避妊効果が高いことによってコンドームとつける機会が減ってしまうことにより、性病に感染しやすくなってしまうのも避妊薬のデメリットと言えます。

多くの女性に人気の避妊薬ランキング

日本における避妊薬ランキングの一位は、「トリキュラー」です。トリキュラーは3相性ピルで、女性ホルモンの自然な変化に合わせて成分が3段階に変化します。そのため、子宮内膜が安定して、不正出血が少ないという特徴があります。ただし、錠剤が3種類あり(28錠タイプでは偽薬も含めると4種類)、順番を間違わないように注意する必要があります。避妊効果の他、女性ホルモン不足やホルモンバランスの乱れによる諸症状の改善、生理不順の改善、生理痛の軽減、PMSの改善などの副効能があります。
続いて二位は、1相性ピルの「マーベロン」で、他の経口避妊薬よりホルモン量が少ないため、体重の変化やニキビの発生などが少ないのが特徴です。ニキビの治療薬として、皮膚科で処方されることもあります。男性ホルモン作用が少なく、ニキビの他、多毛症にも効果があります。
ランキング三位は、第4世代の「ヤスミン」です。使われている黄体ホルモン剤が、体内にある黄体ホルモンと似た成分です。そのため、他の低用量ピルの服用で起こる、ホルモンバランスの変化による体重の増加やニキビ、むくみなどを改善できるとされています。更年期障害の治療にも効果があります。
ランキングの四位は「ダイアン」です。ダイアンは、小柄なアジア人に合わせて作られており、男性ホルモン作用がないことが特徴です。避妊目的以外に、ニキビ、男性型多毛症、抜け毛など、女性における男性ホルモンによる疾病の治療にも使われています。副効能として、更年期障害の軽減やバストアップ効果、アンチエイジング効果などもあります。
いずれも、1シート21錠タイプのものは、1シートを飲み終えたら7日間の休薬期間をとります。28錠タイプのものは、1シート完了後はすぐに2シート目を飲み始めます。

■性行為後に後悔しない為にもコレを持っておくと安心
アイピル
■エストラジオール配合の避妊薬のお求めはこちらから
エチニルエストラジオールとは
■万が一に備えて緊急避妊薬を常備しましょう
モーニングアフターピルを持っておこう