無添加の避妊薬と高校生に利用

無添加物の製品を好む傾向があるのは良いことですが、医薬品にそれを求めるのは難しいです。避妊をするための方法はありますが、避妊薬と分類されるものはピルになりますので、無添加は難しいことがわかるでしょう。低用量ピルは常に服用し続けなければいけません。管理が大変になります。アフターピルという避妊薬もあり、性行為での避妊の失敗時に使うことができますが、女性の身体に大きな負担を掛けますので、毎回続けて行う服用は推奨できません。避妊薬で避妊をするのであれば、低用量ピルの選択をしてください。
最近では、性行為の初体験年齢が下がっており、避妊の失敗が高校生からも聞こえるようになりました。不幸な妊娠で傷つく前に、失敗した時のことを考えてアフターピルがあることをもっと広める必要があります。避妊の失敗から72時間以内の服用で、不幸な妊娠を防ぐことが可能です。アフターピルの認知が広まっていないことで、希望していない妊娠によって、女性が傷つくことがないように、性行為をする年齢になれば避妊薬の存在を知っておく教育が求められます。
海外では薬局でアフターピルの販売をすることができますが、日本ではそれはできません。医師の処方が必要になるのがピルです。クリニックに行かなければ処方されない医薬品になりますが、それでも予期せぬ妊娠によって傷つく女性を減らすことができる方法があります。ただし保険診療ができないことと、親の同伴が求められる高校生であれば、避妊薬は現実的ではありません。やはりコンドームを付けた性行為の徹底をすることが求められています。性教育を避ける傾向が強い日本ですが、逃げずに性教育に向き合うことが求められています。