避妊薬のノルレボは緊急避妊に役立ちます

性行為は恋人や夫婦のスキンシップに役立ちますが、やはり性行為を行うと妊娠の可能性は否定できません。
妊娠を希望していない場合はやはり避妊はきちんと行うことが大切です。
避妊対策としては、女性が低用量ピルを飲むことで、かなりその確率をあげることができますが、それでも絶対というわけではありません。
低用量ピルのような避妊薬は正しく飲み続けることが大切ですので、うっかり飲み忘れてしまうと十分な効果が発揮できなくなってしまいます。さらに男性側が協力してくれない、避妊具を付け忘れた、破損させてしまったという例もあり、そうなると妊娠の可能性はかなり高まることとなってしまいます。そして、性被害に遭ってしまう女性もまた少なくありません。
妊娠を望んでいないからといって、安易に堕胎することは体にも負担がかかりますし、今後の妊娠、出産にも影響が出てしまう可能性もないとは言えません。
堕胎以外にも妊娠を回避する方法はありますので、まずは医療機関に相談することが大切です。
避妊に失敗してしまった場合も緊急避妊薬を利用すればかなりの確率で妊娠を回避することができます。そして、こうした薬はできるだけ早く飲むことが大切ですので、早めに産婦人科などに相談しましょう。
緊急避妊薬は排卵を遅らせる効果、着床を阻害する効果があるとされています。
アフターピルとも呼ばれており、ノルレボもよく利用されている医薬品のひとつです。
ノルレボは性行為後に72時間以内に2錠を1回服用します。処方されたらできるだけ早く服用するよう心がけましょう。
アフターピルは副作用が低用量ピルに比べて強く出やすいとされていますが、ノルレボは頭痛や吐き気などの副作用も抑えられています。
早い人でも服用から7日以内に消退出血が起こり、これで妊娠が回避されたことを知ることができます。